一人ぼっちのランチ ただ美味しさを求めて浅草カツサンド

カツサンド

銀座ブラジル浅草支店のカツサンド

ただ美味しいものが食べたい「カツサンド」

お一人様ランチ採点 先に評価をだします

  1. 女一人で入りやすいか:すごく入りやすい訳でもないが、入りにくいわけでもない
  2. 男一人で入りやすいか(=女ばかりで男だと入りにくいという事はないか) :入りやすい
  3. 料理はどんなタイプ?美味しい?(あくまで私個人の意見):美味しい
  4. お店の雰囲気:雰囲気を楽しもう、というお店ではない、かな?
  5. 総評、お一人様ランチおすすめポイント:とにかく美味しい

美味しい、他のカツサンドと何が違うのか

結論:生ギリギリの肉汁

カツサンドを食べた事のある人、少なくはないでしょう

 そして大抵の人は「美味しい、好き」と思った事でしょう。でも、ここのカツサンド美味しさは、その「普通のカツサンドの美味しさ」をはるかに超えています。

 でもカツサンドって、基本豚カツを食パンにはさんだもの、そんなに言う程違うものだろうか、と思うでしょう。

 私もそうでした。このお店は伝統的なカツサンドが売り、と聞いて行ってみたのですが、別に普通のカツサンド以上の期待はしていませんでした。

カツサンドとコーヒー

 が、これこそ本当に食べてびっくり。パンにはさまれた豚カツがしっとりと肉汁たっぷり、生ではないけどギリギリ火が通った、という揚げ具合。

 豚肉はきちんと火を通さなくてはならないため、家で豚肉料理をする時は生ギリギリという技はできません。

 また、豚カツ屋も、探せばそういう揚げ具合で出してくれるお店があるようですが、でもそうあちこちにはない。というか、今まで、色々なお店で豚カツを食べてきて、中には豚カツで有名というお店もあったけど、そんなギリギリ揚げ具合の豚カツには出会った事がありません。

 良質の高価な豚肉は火が通っても柔らかいけれど、そういう柔らかさとも違う、しっとりとした汁にまみれた柔らかさ。それが千切りキャベツ、マスタードとともに食パンにはさまれているのです。

銀座ブラジル浅草支店

お店の雰囲気

ザ・昭和

銀座ブラジル浅草支店店内

 もし、スターバックスのような、スマートなカフェ的雰囲気を期待しているなら、そういうお店でゆっくりして癒されたい、と思うなら、このお店はお勧めできません。

 このお店の雰囲気を一言で表すなら「ザ・昭和」。私が若い頃、こういうコーヒーと軽食をだすお店を、「カフェ」ではなく、「喫茶店」と言っていた、そんな感じの雰囲気です。働いている人もおしゃれな制服を着たりはしていません。

 ただ逆に、そういうノスタルジックな雰囲気に浸りたい、という場合もあるでしょう。あまりおしゃれすぎ、流行最先端すぎても気疲れする、という方、このお店ではきっと気が休まるでしょう。

銀座ブラジル浅草支店外観

一人で入りやすいか

 昭和の喫茶店て、日曜日朝、一人でふらっと入ってモーニングセットを注文する、コーヒーを飲みながら新聞を読む、そんなのが売りだったように思います。

 なので、このまさに昭和の喫茶店的なこのお店、一人で入るのは、全く問題ないでしょう。

 ただ女性向けきれいなお店ではないので、一人で飲食店に入る事にまだ抵抗がある、という女の人、ちょっと入りにくいかもしれません。

 とにかくこのお店を、「お一人様ランチ」として紹介するのは、ただただ、美味しいからです。

 一人でランチでもして気分転換したい、という人が、このお店に来て、ゆっくりくつろげるのかはわかりません。ただ確実に「美味しい物を食べた。」という気持ちにはなれるでしょう。

 近くに芋ようかんで有名な舟和があります。

芋ようかん、栗蒸しようかん 浅草

 ようかんは、やはり小豆の物が美味しいと思う私ですが、ここの前を通りかかると、つい、鮮やかな黄色に惹かれて芋ようかんを買ってしまいます。


関東ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします。

ツィッターで食べ物の事メインにつぶやいています。このブログを読んでくださる方のつぶやきもききたいです。

↓ ツィッター

https://twitter.com/@RENA87614032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。