一人ぼっちのランチ 初歩編

カフェオレ、サンドウィッチ、スコーンのランチ

一人のランチを楽しむ

一人ランチは趣味の一つ

一人ランチ初めはちょっと勇気がいる

 一人で飲食店に入る、という事ができるようになったのは、22,23歳以降だと思います。

 1番初め、何を思って、一人で飲食店へはいってみようと思ったのか忘れました。特別に何か食べたくて、でもそれにつきあってくれる友達がいない、とかそんな食べる事に特化した思いつきではなく、「ちょっとおとなっぽいかも。」なんて発想からだったように思います。

 今から25年以上も前、女の人が一人で外食するのは、ちょっと勇気のいる事だった。それが普通のファーストフード店であっても。

 そう、私がそのころ一人で入れた飲食店というのは、マックやケンタッキー。それですら、一人でテーブルに座って、コーヒーとチーズバーガーを食べるのは勇気がいりました。

 周りは、友達同士、カップル、家族連れ、仕事の同僚、とにかく、一人ではない。一人でいるとすれば、大体、男。「女が一人で外食するなんて、孤独でさみしいと宣伝しているようなものだし、つつしみっていう点でもどうかと思うし」そんな時代でした。

女が一人で外食なんてありえない時代

 私より25歳早く生まれた母は、もちろん一人で外食はできないし、一人で酒屋に入りお酒を買う事さえ嫌だそうです。「あの女、一人で寝酒でも飲むのか。」なんて思われたくないと。

 私が幼いころ、母達の時代、女性はほとんど25歳以下で結婚し、結婚と同時に仕事をやめ、専業主婦に。

 そんな中、女の人は、まず「つつましやか、おしとやか。」である事が大切。一人で飲食店へ入って、お金をつかって外食するなんて決してほめられた事ではなかった。

一人でお店に座るのも悪くない

 私が大学生になった頃は、もっと時代は進んでいた。それでも、まだ女が一人で外食する、といえば「変わった人」とか「孤独な人」とレッテルをはられる時代でもありました。

 でも、初めて一人でマックの窓際の席に座り、外の景色を眺めながらコーヒーを飲んだ時、ほっとする、静かな居心地の良さのようなもので心が満たされるのを感じました。

 友達と楽しくおしゃべりしながら、美味しいものを食べるのもいい。でもこうして一人で色々な事を考えながらぼんやりとコーヒーを味わうのも悪くない。

外食を日常の気分転換に

 とはいえ、その頃しょっちゅうそんな事をしていた訳ではありません。若い頃の私は、食、というものに、大して興味がなかった。ダイエットもしていて、食、はどちらかといえば敵。

 外食の回数が増えたのは子供ができてから。とりあえず子供も食べると思うと、そこそこ栄養バランスのよい食事を、と、毎日料理。別に料理が好きでもないのに。

 最悪なのは、日曜日。朝食を作って食べて茶碗洗いをしたと思ったら、もう昼食の準備の時間。その後片づけが終わってしばらくすると夕食の準備。

 「あー、私朝から晩まで、ご飯作って、茶碗洗って、そればっかりしている。」で、決めました。日曜日の昼食は外食にしよう。で、日常生活に外食が組み込まれる事に。

 私は日曜日以外に平日にも休みがあって、その日の昼食は子供も不在、一人だけ。自分のために料理するなんてめんどう。

 コンビニに行けばおにぎりからグラタンまで売っているけど、コンビニって結構高い。

 グラタンだけじゃお腹いっぱいにならないから、あとチキン入りサラダか何か、と思って買い足すと結構1000円位になる。1000円払えば、美味しいラーメン屋のラーメンが食べれるじゃない、と思いました。

趣味は一人ランチ

 今では、お店をあれこれ探して、一人ランチするのは私の趣味の一つです。

アイスティーとサンドイッチとワッフル

 料理を待っている間、スマホで興味のあるサイトを見たり、本を読んだり、ぼうっと窓の外を見ながら考え事をしている事も多い。

 友達と一緒もたのしいけど、一人だと、「これは、あの人嫌いそうだな。」とか「この前は私がお店決めたから今度はむこうに決めてもらおうか。」なんていう配慮は不要。

 興味のあるお店へ行って、好きな物を食べればいい。一人ランチは絶好の気分転換です。

初歩編、初めての人

 一人ランチ初心者の方。一人でお店に入るのちょっとドキドキする、という方、初めの一歩は何と言ってもカフェ。

 それもおしゃれをした女性が笑いさざめいている話題のカフェなんかでなく、街のどこにでもある、チェーン店。

 一人で座っているお客さんがいっぱいいます。一人で居心地が悪いなんて事は100%ない。まずはここで慣れてみてください。




関東ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします。

ツィッターで食べ物の事メインにつぶやいています。このブログを読んでくださる方のつぶやきもききたいです。

↓ ツィッター

https://twitter.com/@RENA87614032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。