歯のインプラントはこわい?

歯のインプラント、こわくはないけど慎重に

歯科治療インプラントってなに?

 最近、歯医者の看板やホームページに、「インプラント」という言葉がのっているのをよくみかけると思います。インプラント治療というのは、虫歯などで歯を抜いてしまった時のための治療です。

 歯がなくなってしまった、そんな時は、そこに元々の歯に代わるものを入れ、またそこで物をかめるように治療するのですが、その方法は3通りあります。

歯がなくなった時の治療

  1. ブリッジ
  2. 入れ歯
  3. インプラント

①ブリッジ

なくなった歯の両側の歯をけずり、その削った両側の歯を、橋げたとした、歯の形の橋を入れる。歯のなくなった部分に、歯の形の橋をわたす感じ。

歯の治療ブリッジ

口の中にくっつけて固定してしまうので、入れたり外したりする事はない。使い心地は、自分の歯とほぼ同じ。

欠点

なくなった歯の両側の歯をけずらなくてはならない。両側の歯が虫歯もなにもない健康な歯であってもけずらなくてはならない。

②入れ歯

いわゆる「入れ歯」。歯ぐき色=ピンクのプラスチックに、白い歯の形のプラスチックが並べられている。それを口の中に、自分で入れたり外したりして使う。

歯科治療入れ歯

ブリッジのように、なくなった歯の周囲の歯をけずる必要はなし。

欠点

自分で入れたり外したりして、食事の後はきれいに洗う必要もあり、めんどう。且つ、口の中に、「入れ歯」という物が入っている状態なので、じゃま。違和感に慣れられない、食べ物がおいしくない、しゃべりにくい、などという事がある。

③インプラント

なくなった歯の歯ぐきの骨に、手術で金属(チタン)のネジを埋め込み、そのネジの上に歯の形のかぶせ物をとりつける。新しく歯を作り出す感じ。

歯科治療インプラント
長所

・ブリッジのように周囲の歯をけずる必要がない

・入れ歯のようにじゃまな感じはなく、はずして洗うという手入れも不要

インプラントはよく考えないとこわいです

ではインプラントの欠点は?

 インプラントの欠点その1は、まずまったく保険が適用されない自費治療なのでお金がかかるという事です。

 でも、健康のためなら、お金をかけても良いという人も結構いるでしょうから、これは最大の問題というわけでもないでしょう。

 最大の問題は、手術をする歯科医の知識と腕前によって、結果が大きく左右してしまう、という事です。

口のまわりの状態を診断できるか

骨に金属のネジを手術で埋め込む。が、口の周りの骨の構造は繊細で、骨の中に太い神経が通っていたり、鼻とつながった空洞がすぐそばにあったり、骨のすぐわきに太い血管があったりする。

→そういう知識がしっかりしていて、レントゲン写真や口の中の状態から、骨がどんな状態なのかしっかり判断できる歯科医じゃないと、とんでもない惨事を引き起こす事がある。

神経をきずつけてしまった。骨の弱いところにネジを打ち込んでしまって痛い、かめない。太い血管を傷つけてしまったがため出血が止まらなくなり死んでしまったという事故も実はあります。

手術の技術は高いか

インプラントは、ただ単純に骨に打ち込めばよいわけではありません。

インプラント表面と骨がしっかり密着して固定され、ビクとも動かないそういう状態にしないと、物をかむ事はできません。

そのためには繊細な技術が必要です。そういう技術をもたない歯科医が手術した場合、せっかく打ち込んだインプラントが固定されず脱落してしまう、などという事もあります。

力学的総合判断ができるか

歯に限らずですが、人間の体は良く出来ていて、自分の歯が問題なくそろっている人は、特に何の意識もなく食べ物をかみくだいている。

でも実は歯の物をかむ力ってものすごく強い。

人工的に歯をつくる=インプラントの場合は、力学的バランスもしっかり考えて、口の中全体を設計して治療計画をたてないと、大失敗になる。

具体的には、かむ力に耐えきれなくてインプラントが折れる、歯とインプラントの密着がうまくいかなくてきちんとかめない、インプラントが脱落してしまう、など。

つまり

 良い歯科医師にかかれば、インプラントは別にこわいものではなく、歯のなくなったところに歯を再生できるすばらしい治療だけど、ダメな歯科医にかかると、とんでもない事になる、という事。

 普通の虫歯の治療だってもちろん、良い歯科医かダメな歯科医かで、結果の良し悪しは変わるのですが、インプラントの場合、ダメな場合のダメージが大きいという訳です。

インプラントの撤去は困難

 ちなみに、インプラント手術がうまくいかず、かめない、かむと痛い、歯ぐきが炎症をおこしている、そんな事になったら、インプラントを撤去してしまえばよいではないか、と思うかもしれませんが、これが難しい。

手術した歯科医は中々撤去してくれません

手術した歯科医は、なんだかんだ言って中々撤去してくれません。自分の失敗を認める=患者さんの身体的苦痛に対しての賠償責任が問われる、という事になるからです。

別の歯科医院でも撤去も困難

じゃあ他で、と思っても、それもまた困難。

インプラントを撤去する器具というものがあるのですが、インプラントはいくつもメーカーがあり、同じメーカーの物でないと、その器具は使えない。

別の医院で手術したインプラントをみてもメーカーがわからず器具が使えない、またわかっても、そのメーカーのインプラントをその歯科医院で取り扱ってなければ、撤去器具もない。

撤去器具なしでインプラント撤去となると、周囲の骨をけずりまくって掘り出すという、非常にダメージの大きい、出血量も多そうな手術をしなくてはならなくなるので、みんな二の足をふみます。

すばらしい治療だけど慎重さは必要

 インプラントの研究の歴史は数十年に及び、今使われているインプラントは決して危険なものではありません。

 でも歯科医師の腕前が非常に問われる治療なのです。インプラントを希望する方が絶対にしなくてはならないのは、良い歯科医を探す事です


健康法ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします。

ツィッターで食べ物の事メインにつぶやいています。このブログを読んでくださる方のつぶやきもききたいです。

↓ ツィッター

https://twitter.com/@RENA87614032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。