一人で楽しく生きる 現役歯科医による良いお医者さんの探し方

現役歯科医が助言する、良いお医者さんの選び方

良いお医者さん探し、一般人には困難です。

が、それでも良いお医者さんを探す努力をしたい

  1. 知り合いに医療関係者がいればきいてみる
  2. ネットの口コミは参考程度
  3. 治療説明をきいて納得いかなければ治療を受けずに帰る
  4. 自分に合っていると思える医師を見つけるまであちこち行ってみる、そのための費用は、仕方ないとあきらめる。

 誰にとっても、健康は大切です。が、一人で生きている人にはより切実に大切。家族と暮らしている人なら、病気になっても家族が助けてくれるかもしれませんから。

一人で生きているからには出来る限り健康でいたい

 そのためには良い医療を受けたい。けど、現役歯科医の私の意見、良いお医者さんを探し当てるのは、医療に無関係の仕事をしている人には難しい。

 その理由は

どういう治療がベストなのか見分ける訓練をしていない=提案された治療がベストなのかわからない=自分は良いお医者さんに巡り合ったのかわからない

医者

 でも、健康を保つ手助けしてくれる良いお医者さんにめぐり合う努力をしたいですよね。

出来ること

知り合いに医療関係者がいればきいてみる

 内部情報は強いです。私は昔旧帝国大学の国立大医学部で研修していた事があります。そんな大学の先生ならみんな優秀だろう、と思うかもしれません。が、手術の上手な先生、下手な先生の差は歴然としていました。そして周りのスタッフはみんなそれを知っています。

 知り合いに医療関係者がいるなら聞いてみるに越したことはありません。

 これがあてにならない場合もあります。相談した相手自身がそれ程優秀ではなく、良くわかってない、その人に妙な意地やプライドがあって優秀な人を優秀と認めたがらず推薦してくれない、そんな事もあります。

 医療関係者も人間なのです。

 でもその人にとってあなたが非常に身近で大切な存在なら、自分でわからなくても内部情報を調べてくれるでしょうし、プライドにこだわらず良い医療を受けられるよう考えてくれるでしょう。

ネットの口コミは参考程度

 参考程度です。医療を何か特別のものと思わず、他の業種と同じ、人間が創り出した物なのです。

 グルメサイトで高評価がついていれば絶対に美味しいお店なのか、違う事も多々ありますよね。逆にそういう口コミサイトから縁遠いお店でも美味しい所は美味しい。医療も同じです。

 ただ、グルメサイト、「子供連れも平気な雰囲気」とか「量がたっぷりコスパいい」とか参考になる意見もある。その辺も同じ。「参考までに」と目をとおしても良いと思います。

 態度が傲慢でも優秀で治療の上手な先生はいます。でも傲慢な人にはどうにも我慢できない、とあなたが思うなら、「先生が上から目線で態度が悪い」なんて口コミは参考になるかもしれません。

治療説明をきいて納得いかなければ治療を受けずに帰る

 医療従事者として確信している事ですが、自分で「このお医者さんはいい」と信頼する気にならなければ病気は良くなりません。体と心はつながっています。

 説明してくれた治療がベストなものか違うのか、科学的に判断するのは、医療と無関係の人には難しい、調べるのだって難しい。

 けど、目の前のお医者さんに対して「言っている事が納得できない」「なんか嫌な先生、信用できない」そう思ってしまったら、良くなるものも良くなりません。

 でも「みんなは良い先生だっていうしなー」と迷うなら、納得できるまで説明してもらいましょう。それでも納得できなければ、帰りましょう。1回治療を受けて、「やっぱりおかしい。」と思ったら、別のお医者さんを探しましょう。

 信頼できないお医者さんに治療してもらっても、多分健康になれません。「病は気から」の部分てあるのです。

自分に合っていると思える医師を見つけるまであちこち行ってみる、そのための費用は、仕方ないとあきらめる。

 自分に合った美容院、化粧品を探す時の事を考えてください。一発目で「このパーマのかかり具合ちょうどいい、担当者さんも感じいい。」「この口紅、派手過ぎず地味過ぎず使い勝手良い。」となる事もあれば、「こんなにパーマきつくしてほしくなかったのに。」「この口紅真っ赤すぎ。」って事もある。

 お医者さんも同じです。行ってみて一回目で良いお医者さんにあたらないなんて、珍しい事じゃないんです。

 ただの風邪なら、まあどんなお医者さんでもいいですよね。どうせいつか治るんだし。

 でもちょっと複雑そうな体調不良、自分に合った良いお医者さんを探したい、だったら何軒か探し歩く覚悟をしておきましょう。

病院と聴診器

私は睡眠障害に苦しみ、今はなんとか自分にあったお医者さんに巡り合い、ほぼ解決しています。↓にも書きました。

「一人で楽しく生きる、眠れていますか」

https://renagarden.com/hitori-ikiru6/‎(新しいタブで開く)

 が、その前に別の心療内科へ行き、「これはダメだ。」と1回で行くのをやめました。また子供の頃から近視で眼科と縁が切れないのですが、「ここはやめよう」と思って眼科を変えた事もあります。

 そんな時も、「ここはダメだ」と思ったその医院で、初診料や検査料などのお金を払わなくてはなりません。その後の治療につながらないのですから、そのお金は払い損です。

 でも「もうレントゲン代払っちゃったし、新しい所いったらまたレントゲン撮り直ししてお金とられる。」などという理由で、気にいらない医院へ通い続けるのは愚かな事です。自分の体はたった一つしかありません。

 美容院だって口紅だって本当に気に入ったものを見つけるのは簡単ではありません。探し当てるのに多少のお金を損しても仕方ない、と初めから覚悟をしておく事です。

簡単・時短!管理栄養士監修の料理キット ウェルネスダイニング


おひとりさまランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします。

ツィッターで食べ物の事メインにつぶやいています。このブログを読んでくださる方のつぶやきもききたいです。

↓ ツィッター

https://twitter.com/@RENA87614032



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。