他者を受け入れる韓国旅行17 外国語

昌徳宮後苑

日韓関係最悪、韓国旅行17

英語ツアー理解できず

昌徳宮後苑の英語ツアーに参加

 昌徳宮の、ガイド付きツアーに申し込まないと入れない、庭園、後苑。日本語ツアーはずっと後の時間だったので、英語ツアーに申し込みをしたのですが、私、別に英語が得意な訳ではない。

 いや本当は英語で日常会話が出来るようになりたくて、色々な事をしてきました。

努力はしたけれど

 まずは、大学1年生の時、夏休み、「成人式の振袖は買ってくれなくていいから、そのお金でホームステイに行かせて。」と親に頼み、カナダへ1か月ほど。それが初めての海外経験。外国へ行くという事の楽しさを初めて知ったのですが、英語は「うーん。」という感じ。

 その後、学生の間中バイトしてお金を貯め、あちこちへ海外旅行へ行ったのですが、そのたびに英語が出来る事の重要性を痛感。結局、言葉がわからないと、友達になれないんですね。

 ヨーロッパ人はイギリス人じゃなくてもそこそこ英語がしゃべれたりする。東南アジアにも、公用語は英語なんて国がある。つまり英語ができさえすれば、海外の色々な国の人と友達になれる。

それから何年かたって、30代の頃、2年間シンガポールに住む事に。ここも公用語は英語。

 「よし。」と思いました。シンガポールにいる間に英語の上達を目指そう。とにかく生活していれば現地の人と話さないわけにはいかないし、英会話スクール的なものにも通ってみました。

昌徳宮庭と建物
昌徳宮の一角

 にもかかわらず、今、昌徳宮の後苑の英語ツアーで、ガイドの言っている事がほとんどわからない。そうなんです。私は語学脳が弱いのです。受験勉強でも英語が一番苦手科目でした。

外国語習得が楽なら苦労しない

 日本に住んでいる外国人にむかって「こんなに何年も日本に住んでいるのにまだ日本語今一なんて、バカじゃない。」的意見を言う方がいますが、語学の習得って得意な人と不得意な人がいるのです。

 むしろ日本人の方がどちらかといえば語学が苦手なのかも。確か英語力についてのそんな調査結果がでていたような。

 今回、韓国に来て少しびっくりしたのは、結構みんな日本語しゃべれるって事です。「戦争時代、日本語の習得を強制されたから。」という話もありますが、若い人もです。

 コンビニで買い物をしたら、レジの若いお兄さんに韓国語で何か言われたので、「?」という顔をしたら、「チャイニーズ?ジャパニーズ?」ときかれました。「ジャパニーズ。」と答えると、日本語に言い直してくれます。「ってことは、この人、中国語もしゃべれるのかな。」と。

 そんな人に何人も会いました。すぐ隣に違う言葉を話す国があって、しょっちゅう交流があって、他国の言語を学ぶコツを民族的に身につけているのかなーなんて思いました。

またまたソウル駅へ

 さて、昼食をとろう、と昨日も行ったソウル駅のフードコートへ。今回の韓国旅行で悔いがあるとすれば、現地の美味しいお店的なところで食事できなかった事です。

 韓国はまだお一人様文化が根付いてなくて、一人で食事する人は少ないらしいと聞いていたし、しかも韓国語は何も理解できない。勇気がありませんでした。

 という事でソウル駅へ向かうと、駅の前で、ついに、「NO JAPAN」を掲げた署名運動を発見。「あなた日本人ね。」と抗議されたらどうしよう、なんて思いまいしたが、まあそんな事はなく。

 そもそもしゃべらないでいると、私が日本人なのか韓国人なのかはっきりとした区別はできなんだと思います。今回の旅行で韓国人と間違われて韓国語でしゃべりかけられた事は、何回もありました。

 「だから何も嫌な目にはあわなかった、日本人とわかったら嫌な目にあっていたに違いない。」といわれたら、そうかもしれませんが、まあのん気にあちこちへ行って、特に何もなかったのも事実です。

MISSHAコスメオンラインショップ3300円以上注文で送料無料

この後どうする

フードコートで思案

 さてこのソウル駅のフードコート、様々な料理がそろっていて、それなりに気に入っています。

 会社員のランチタイムとはズレた時間に行ったので、そこまで混んでいなくて、窓際の席で、外をみながらゆっくり食事する事ができました。

ソウル駅フードコートテーブル

 昨日は、真っ赤な(つまりからい)スパイシーコールドヌードルを注文してしまい、料理を味わったという気が、全くしなかった。今日こそは、絶対間違えないように、スパイシーではないコールドヌードルを、無事注文。

( ↓「他者を受け入れる韓国旅行12」をどうぞ)

https://renagarden.com/korea-tabi12/

 暑いさ中の、冷たい麺。「ああ、美味しい。」と味わいながら、この後どうしようかと考えあぐねました。

 今まで、そして明日も、大体「○○へ行こう。」とほぼ計画が決まっていたのですが、この日の午後だけ、どこへ行くか決めかねていたのです。

ソウル駅フードコートで食べた冷麺

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします

↑YouTuber韓国語講師によるオンライン韓国語オンラインサービス1日180円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。