他者を受け入れる韓国旅行19 観光、食べ物、そして帰途

韓国景福宮

日韓関係最悪、韓国旅行19

韓国旅行最終日

景福宮

 4日目、最終日。お昼ごろの便で成田へ帰国。それまでの間もうちょっと観光。

 泊まっていたホテルは朝食付きで、この日もロビーの脇のダイニングスペースで朝ご飯。安さで選んだホテルなので、ビュッフェは大したものではないですが、キムチとか韓国のり、その他韓国のお惣菜的なものがあって楽しい。

韓国ホテル朝食

 この日は景福宮へ。朝鮮王朝時代の王宮。ただし今の建物は破損した後の復元なので、昌徳宮のような歴史的価値があるわけではなさそう。

 でも山をバックに広々とした草原に建っていて、それがあまり日本の歴史的建造物では見られない風景。清々として気持ちが良い。

山を背景にした景福宮
景福宮内部

観光で明るい未来

 でも昨日見た昌徳宮も併せて思うのは、日本の歴史的建造物って本当に日本独特の雰囲気があるなーという事。

 確かに中国、朝鮮半島と似ている部分はあるけど、違う部分も結構あって、外国人はやはり京都や奈良を、見るのは楽しいだろうなーと思います。

 私はKpopは韓国が生み出した、外資を稼ぐ優れた方法って思うのですが、同じように資源もなく国土も小さい日本は、やっぱりこの先、そんなふうに外資を稼ぐ方法を次々考え出していけたらいいな、と思っています。

 その一つはやっぱり観光。最近、外国人観光客が増えて、それがまたマナーに問題あったりして、住人が困っているというニュースをよく見かけます。それは本当になんとかしなくてはいけない問題で、自分がそこの住人だったら、やっぱりやりきれないだろうと思う。

 でも、何とか観光客を受け入れながら住人も不快にならずに生活していける方法を見つけるという方向で努力できたら、と思います。ここで外国人観光客をシャットアウトという方へ行ってしまったら、本当に日本の未来は暗くなりそう。

 私には子供がいるので、やっぱり日本の未来は明るく出来るだけ繁栄していてほしいと思うのです。

広蔵市場

 さて景福宮を後に、残りの少ない時間で広蔵市場へ。屋台グルメを楽しめると、確か韓国系ユーチュバーさんが動画で言っていました。

 ホテルの近くだし、さっと見て、ホテルへ荷物を取りに行くのにちょうどいい、くらいの気持ちだったのですが、来てみて、もっと前に来なかった事を後悔しました。美味しそうな物が安い値段で並んでいます。

韓国広蔵市場

広蔵市場

 昨夜はホテルのある東大門周囲の屋台で色々買って夕食にしました。観光メッカの明洞より東大門の方が安く、いい気分だったのですが、内容はチーズホットグとか明洞の屋台と同じ感じ。

東大門屋台の食べ物

 に比べ、ここは市場の中の屋台で、食べ物の種類が全然違う。店の前に座れるスペースがあるので、丼や皿に入ったものをそこに座って食べられる。

 野菜のナムルが何種類も大量に盛ってあって、それを好きなだけのせて食べれるピビンパプとか、具材が色々の大きなチヂミが積まれていたり。鍋のなかで腸詰が煮込まれていたりして、まあ美味しそう。

 この旅での後悔は、一人で美味しそうなお店に入りづらくて、フードコート的なところでしか食事してないって事でした。

 もう時間もないし、何より、今日韓国をたつので、現金をほとんど使いきってしまいました。こういう屋台ではクレジットカードは使えません。今、ここで食べ歩く訳にはいかない。

 でも、もしこの次ソウルへ来る事があったら、絶対に広蔵市場に来よう、と本当にかたく決心しました。

感謝の言葉

 さてホテルへ戻りスーツケースを受け取り、仁川空港へ。重いスーツケースを持ち上げて、地下鉄駅への階段を下りていると、30~40代くらいの男性が、「おや」というような事をいって、手をだします。どうやら階段の下までスーツケースを持ってあげましょう、というらしい。

 海外では荷物に気を付けろと言われますが、明らかに貴重品が入ってなさそうな、こんな物を盗みたい人がいるとは思えない大きなスーツケース、素直に持ってもらう事に。

 そして後からついていきながら、これはちゃんと「カムサムニダ」と言わなくては、と決心しました。

 韓国語全くわからないのですが、旅行にくるにあたって、これだけは憶えておこうと思ったのが「アニョハセヨ」と「カムサムニダ」。

 特に「カムサムニダ」=ありがとう、は、言うべき時にはきちんと言わないと、日本人の名折れ、と思っていたのですが、実際「ありがとう」って言った方が良かったかなっていう時も、何となく恥ずかしくなって、頭を下げるだけみたいな事が何度もありました。

 でも今回は荷物を持ってもらったのですから、これで何も言わないのは、いくらなんでも礼儀知らず。

 で、階段を降り切って、その男性が、「はい」という感じにスーツケースを渡してくらた時、勇気をだして「カムサムニダ」と言いました。男性はにっこりして去っていきます。ちゃんと言えてよかった、と良い気分に。

 韓国に着いた日は、大丈夫かしらとドキドキしながら乗っていた地下鉄も、4日目となると、もう慣れ切って、日本で地下鉄に乗っているのは何も変わらない気分。

 外国にいるって特別な事だけど、でもそこで寝起きして食事していると、別にそれは特別な事ではなく、人間て、ただ生活している、それは場所がどこであれ変わらないんだなーなんて気持ちになります。

さよなら韓国

 仁川空港で韓国最後の食事、野菜ピビンパプを食べ、飛行機へ。韓国へまた来る事があるでしょうか。近いし楽しかったし、今度こそ食べ歩きしたい。

仁川空港野菜ピビンパプ

 でも私は、今までリピーター的な旅行をした事がありません。好奇心のせいか、いつも新しい所へ行きたくなってしまう。もしかしたらこれが最初で最後の韓国かもしれません。

 でもいつか仕事をやめて暇になったら、何しろ近いし安いから国内旅行のちょっと延長的気分でちょこちょこ韓国へ行く、なんていう生活も楽しそうだな、とも。

 海外旅行は久しぶりでしたが、本当に楽しくて、さあ次はどこへ行こうか、と。

 日韓関係最悪というので、来る時はかなり不安だったのですが、来てみれば何という事もなく、行きたい放題あちこち行って、色々見て、明るく満足した気持ちで帰途につく旅行でした。

終わり

MISSHAコスメオンラインショップ3300円以上注文で送料無料

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします

↑YouTuber韓国語講師によるオンライン韓国語オンラインサービス1日180円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。