他者を受け入れる韓国旅行8 旅って楽しい、関係最悪でも 

韓国東大門デザインプラザ

韓国旅行、日韓関係最悪8

他者は親切が必要

外国人は親切が必要

 (前回 ↓ より続く)

他者を受け入れる韓国旅行7 空港からソウル市内へ  

 日本対韓国という話になると、どっちの国民が親切か礼儀正しいか優秀かと、どっち陣営もつばを飛ばして言い争うという感じになりますけど、私はどんな国にも良い人と悪い人がいる、と思っています。

 そしてAREXに乗り損ねた私への若い駅員の対応は、スタッフとしては当たり前ではあるものの、助かった事は事実で、どこでも外国人というものはちょっとプラスアルファの親切を必要としているものです。

 自分が外国を旅してみると、そういう事に気づかされます。

ホテル無事到着

 次のAREXには無事に乗り込み、そしてこの空港鉄道、ソウル駅まで直行なので、乗り込んでしまえばもう何も迷う事はありません。

 ソウル駅からホテルのある東大門歴史文化公園駅までは地下鉄を使いましたがこれはスムーズに。地下鉄って大体どこの国も同じ案内、同じ造りですから。

 そしてホテルは地下鉄出口の目の前。すぐに発見。無事チェックイン。これでとにかく、寝る場所は確保。

 なんとかこの韓国旅行、無事に進められそう、と安心すると、ムクムクと好奇心がわき上がってきて、外へ出てみました。 

韓国セブンイレブン
ホテルのとなりの
セブンイレブン

旅は楽しい

好奇心がわいてくる

 ホテルをでてすぐの所にある東大門デザインプラザ。(一番上の写真)巨大で面白い形。ショッピングモール的なものなのかな、と思いましたがそうではなさそう。

 カフェやミュージアムショップ的なものがあったりして。日本の東京国際フォーラムとかそんな感じのものなのかな。

 ショッピングビルもたくさんあって、中へ入ってみると、日本のショッピングビルとは何となく違う。

 昔2年間シンガポールに住んでいたけど、ちょっと似ている雰囲気。

 そんな事を考えながら歩いているうちに、この旅行に来る前の、反日嫌韓大騒動のせいで胸の中にあった不安がきれいに吹き飛びました。

 初めてやってきたこの国への好奇心だけがふくらみます。

 街を歩いていると、日本人か韓国人か意外と判断がつきにくい事に気づきました。

 シンガポールでは国民の大半を占めるチャイニーズ系、黒い髪、黒い目なのですが、日本人とはお化粧、服装が違うので、ほぼ間違えずに見分ける事ができました。

 でも韓国では、隣にいる若者グループ日本人ぽいなーなんて思っていると韓国語をしゃべりだして、あれっと思ったりする。

旅することの長所

 みんながみんな、旅行に興味は持てないでしょう。でも旅行は確かに視野を広めてくれるものかな、と思います。

 もし旅行へ行くとき、可能ならツアーを使わないでいってみると良いと思います。またツアーであっても自由行動のあるツアーだといいかな、と。

 ちょっと困った時、意外とみんな親切に手を貸してくれたりして、感動する事があります。逆に嫌な目に合う事もあります。

 そんな体験をすると、日本にいる時は出来るだけ外国人に親切にしてあげよう、と思えるようになります。

 そして何より、初めての風景、物、人を見るのは楽しい。ソウルなんて外国の中では一番日本と似ていそうですが、やっぱり東京とはちょっと違う。この世には色々なものがあるんだなー、と気づきます。

 だから日本人は、もっとあちこち外国へ出かけてみたら、きっと、今やってきつつあるグローバルな社会を生き抜く力をつける助けになるんじゃないかなー。

↑YouTuber韓国語講師によるオンライン韓国語オンラインサービス1日180円

初日の夕食

韓国ポッサム
韓国コンビニキンパ

 ホテル隣のセブンイレブンで手に入れた初日の夕食。

 上の蒸した豚肉みたいなの日本の韓国料理のお店ででてきたなー。ポッサム?下のキンパ、ご飯がオレンジ。やっぱり韓国ってなんにでもこのキムチ色の唐辛子?入れるよねー偏見?

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします

MISSHAコスメオンラインショップ3300円以上注文で送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。