他者を受け入れる韓国旅行9 バブリーな人々

新羅免税店から見えるソウルタワー

韓国旅行、日韓関係最悪9

東方神起がいない

パネルやポスターないかしら

 2日目、最初に行ったのは新羅免税店。

 実は私、女には珍しくお買い物がめんどくさいと思ってしまうタイプ。そんな人間がなぜ免税店?実は新羅免税店の広告塔は東方神起なのです。

 きっと店内に東方神起のパネルなんかがいっぱいありそう。それだけの理由で行くことに。(バカといわれたらそうなのかも)

 最寄りの地下鉄駅、東大入口へ着くと、さっそく構内に東方神起の新羅免税店広告ポスターが。

 この日は雨。そして駅から免税店まで距離は近いけど結構急な坂。ぬれてすべりやすい坂をがんばって登ったのも、店内にあるだろう東方神起のパネルとかポスターとかそんなものを期待して。

新羅免税店宣伝東方神起ポスター

パネルもポスターもない

 ところが何と、苦労して着いた店内に、そういうものは一切なかったのです。さっきの地下鉄のポスターがすべて。

 屋上にはテーブルとイスがあり、ソウルタワーもみえて景色が良いけれど、とにかくこの日は雨。屋上は無人。さっさと撤退する事に。

 まあせっかく来たのだからと、各フロア、ぐるっと周りながら出口へ。

新羅免税店屋上からの風景

↑YouTuber韓国語講師によるオンライン韓国語オンラインサービス1日180円

韓国免税店のバブリーな人々

中国人てお金持ちよね

 でもなんですね。こういうお買い物エリア、しかも高級品並んでいるってところへくると、本当に中国人でいっぱい。中国語ばっかり聞こえてくる。日本でも銀座はショッピングにいそしむ中国人だらけ。

 その買いっぷりに「お金があってうらやましいわ。」という気持ちと、「あんなに何から何まで買って、ちょっと品がないんじゃない。」っていう気持ちも。

日本人だってお金持ちだった

 でも40代後半以上の方なら憶えているはず。日本人もそんなふうだった時の事を。そう、1980年代後半のバブルです。

 私自身はバブルがはじけてから社会人となったのでリッチな思い出はない。

 でもデートは高級車で迎えに来てもらって高級レストランで食事、全部男性持ちとか、ゴルフ場会員権購入とか、いろいろな話を耳にしました。

フランス人に文句を言われ

 そしてパリに行く日本人がシャネルやディオールで棚ごと商品買い占める、なんて話もありました。

 フランス人に「価値もわからないくせに、お金だけはあるからって、何と品がない。」と、さげすまれたとか。

 お金を手にすると、何でもかんでも買いたくなるのはみんな同じなんでしょうか。

 今イライラさせられている中国人の態度も昔の自分達の姿なのかもしれません。まあ、そこまで押しは強くなかったかな、とも思いますけど。

 中国人のすごいところは、中々バブルがはじけて貧乏という事にならなそうなところでしょうか。世界のあちこちにチャイナタウンがあるし、「商才」にたけた人種なんだろうな、なんて思います。

好きじゃない相手からも学ぶ

 「中国人て横暴すぎる、とても友達になれない。」ってよく聞くし、私もそうかもしれないけど、どうやってあそこまでお金持ちになったのか、学べそうなところは学ぶというのも大切なように思います。

 「○○人て嫌い、シャットアウト」と言ってないで、「まねした方が良い所はまねしよう。」と思う方が良いはず。

 かつてブランド物を買い占めた日本人に文句を言っていたフランス人も、そんな事出来るお金を持った日本人がうらやましい、というのもちょっとあったのかもしれません。

 私は子供がいるので日本にもう少し明るい未来が期待できると良いなーと思っています。

 現代は変化についていける柔軟な発想を持った人が成功するっていわれていますけど、それは国って事でもそうなんだろうなー、と思います。 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします

MISSHAコスメオンラインショップ3300円以上注文で送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。