忙しい母親の食卓 UberEatsお一人様も

Uber Eats

Uber Eatsで疲労をためない

Uber Eatsに挑戦

〜料金について、登録、注文で失敗しないために〜

おとなは忙しい

 働く母親は本当に忙しい。私も子供が小学校を卒業するまで、自分の時間と言えるのは通勤電車の中だけでした。みんなが嫌がる通勤時間、私には唯一本を読める時間という感じ。

 でも独身の女の人も、それはそれで、「独身だから時間あるでしょ。」なんて思われて仕事押し付けられたりして。大人って忙しい。

料理どころかコンビニへ行くのもめんどう

 食べ歩きが趣味ですが、普段は健康と家計のため自炊しています。でも時々本当に疲れて料理する元気がない時があります。

 そもそも料理のための食材を買いに出かけるのも嫌、外食も、コンビニへいくのも面倒。「出前で何か頼もうか。」という瞬間です。

Uber Eats

 ピザかお寿司、お店へ直接電話して注文、というのがずっと続いた、これまでの出前の主流。ところが最近Uber Eatsというものが出現。

宅配ピザ

 これが何というかただの新しい出前屋というのではなく、全く新しいネット社会ならではのビジネスモデル。様々なお店、様々な配達人と、お客さんを、SNSのようなネットシステムがつないで、お客さんの家へ、お客さん好みのレストランの料理が配達される。そんな感じ。

 その辺は話題にもなったりして知っている人も多いでしょうし、知らなくてもググればすぐわかりますよね。

 私がこれに興味を持ったのは、家で出前を取る時、今までお決まりのピザ、お寿司以外の料理を注文できそうだったからです。

まずUber Eatsへの登録

  1. デスクトップPCだとウェブページからアカウント作成、ログイン
  2. スマホの場合はアプリを入手してアカウント作成、ログイン

アプリの方が便利かも?

↓↓デスクトップPCならウェブページへ、スマホならアプリ誘導サイトへとびます。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

 私はアプリ入手がめんどうだったので、家のPCでウェブページから使用開始しましたが、後々の事を考えればスマホでアプリ入手して利用の方が便利かもしれません。

Uber Eatsアプリ

   ↓

Uber Eatsアプリ

    ↓

Uber Eatsアプリ

 というのは、注文後、作成したアカウントの住所が不完全だった事に気づいたのですが、それを配達者に連絡するのに、アプリだと簡単なのが、PCのウェブページからだと困難というか、やり方が結局今もわからない、という経験をしたからです。

注文

 SNSの要領でアカウントを作成したら、料理の注文。住所から距離が遠すぎないお店が、画面に紹介されてきます。

ウェブページのUber Eats注文画面 ウェブページのUber Eats注文画面

料金の点でチェックすべきことは

  1. 配送料はお店によって違う50円というところもあれば450円というところも。明記されています。
  2. 「2000円以上だと500円分お得」などというサービスのあるお店もあります。これも明記されています。
  3. 知り合いにUber Eatsを利用している人がいたら、紹介してもらうと、初回注文限定のクーポンをもらえます。
  4. 別途サービス料10%がかかる

様々な料理

 私がこのサービスに目をつけたのは、家に前菜にパスタ、デザートなんていうセットを宅配してもらい、ワイン飲みながらごちそうを食べるなんていう事も出来そう、と思ったからです。

 実際、様々な分野の料理がそろっています。料理分野別にお店検索もできるのですが、ネパール料理なんて言うのもありました。まさに、色々なものを家で食べられます。

 が、好き嫌いしか考えずに注文してしまうと、失敗してしまう事も。

注文する時に想像力を働かせる

失敗

 一番最初に私が注文したのは、高級ハンバーガーでした。

 マックとかじゃなくて「アメリカ料理」とでも名乗りそうなお店のハンバーガー。パンはふっくらしたものをカリっとトースト、パテも肉汁が染み出すジューシーさ、そこへフレッシュなトマトや溶けるチーズ、タルタルソースなんかを追加したもの。

 ハンバーガーとはいえ1500円くらいする。実際こういうハンバーガーをお店で食べると中々美味しい。だから注文したのでした。

 が、その高級感のためのあれこれが宅配となると全て裏目にでる。

 ふっくらしたパンはつぶれやすい、そこへあふれる肉汁やフレッシュ野菜の水分がしみ込む。その状態で紙に包まれて揺らされす。

Uber Eatsで宅配されたハンバーガー Uber Eatsで宅配されたタルタルハンバーガー

 届けられた高級ハンバーガーはべチャッとしかかって、つぶれていました。

 ピザやお寿司が宅配の定番だったのは、ピザは生地が硬くてそうそう変形しないし、そこへ通気性のあるボール紙の箱へ入れて運ぶという工夫がしてある、お寿司は冷めたらまずくなるとかいうものではない、という理由があったんだなーと納得しました。

成功

 でも次に頼んだ、麻婆豆腐定食は成功。

Uber Eatで宅配された麻婆豆腐

 これはとにかくこぼれない容器に入れさえすれば、多少揺らされても質が極端に悪くなるというものではありませんよね。花山椒がきいていて中々おいしかったです。

花山椒のきいた麻婆豆腐とご飯 宅配麻婆豆腐についてきたザーサイとデザート

結論

 宅配ピザを売りにしてきたお店と違って、Uber Eats登録のお店は、お店側も自分の所の商品が配送されるなんて初めてだったりする。その辺の研究はまだ甘い部分あり。

 なので、自分で「この食べ物はどういう状態で配送されるだろうか。」と想像力を働かせて注文するのが失敗しないコツ。

いつか

ワインと食事

 休日、一日中雨、外へ出たくない、という時、ワインに合いそうな物を注文して、Uber Eatsパーティーをしてみようと思います。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

↑よろしかったらお願いします。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

ツィッターで食べ物の事メインにつぶやいています。このブログを読んでくださる方のつぶやきもききたいです。

↓ ツィッター

https://twitter.com/@RENA87614032



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。