TAG 読書感想

「赤毛のアン」不幸に毒されない

名作は、子供向けの本であっても、大人も楽しめる。児童書「赤毛のアン」。少女向けの作品ですが、大人になってから読むと、子供の時には気づかなかった感想を持つ。不幸な生い立ちに決して毒されないアンの姿に心打たれます。

宇野千代「生きていく私」幸せか否か元祖肉食系女子

宇野千代の好きな桜

宇野千代、明治から平成まで駆け抜けた女流作家 宇野千代、女流作家  私は、平成になったばかりの頃に大学生でした。そんな私世代にとっても、宇野千代という人はすでに「大昔の作家」という感じです。今、彼女の名前を知っている人っ…